スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

木育

今日は、浜の宮小学校で木育活動をします。

生徒、約40人。数社のマスコミも来てくれる予定です。

まずは森林の話からと思ってますが、あまり難しくないように

話したいと思います。
スポンサーサイト

木育

昨日、地元の保育園に木育で梶岡氏と片山のおばあちゃんと

3人で訪問。

約1時間半、積み木、パズルで遊びました。

積み上げた積み木が壊されたと言ってすねて泣く子供。

面白いものでよく観察してると、なかなか遊ばなくなる。 

しばらくしてると再び、もくもくと積み上げる。

そうとう悔しかったみたいで、こういう子供ほど

かえって、喜怒哀楽があって成長するのではと思いました。

いつもですが、子供たちには教えられます。

桧の積み木

今日、東京おもちゃ美術館の方に2,400ピースの 

積み木(ひのきくん)を送りました。

ボランティアの方々が東北の被災地で積み木遊びを

するらしい。

良い気分転換になれば良いですね。

本音を言うと、ひのきくんがテレビなんかに出たりすれば・・・

実際に災害後の建築業界の落ち込みはかなりのもんで、

我々もがんばらないと大変な事になるかもしれません。

とにかく、がんばろう日本。

ある場所


1等地です。約100坪。

この秋にこの場所が大きく変わります。

楽しい空間できると思います。

お楽しみに。

天王寺の遊歩道で


5月10日、少し汗ばむくらいの午後

おっちゃんがミルクをあげていた。

手摺りから滑り落ちそうな雰囲気

かわいらしいが垂れ下がったくさりが

なんとも言えない。

自然に帰らして欲しい。

そう思ったのは私だけでしょうか?

木育

今月から国産材PRを兼ねて

市内の小学校で木のお話と積み木遊び。

秋までに10校まわる予定です。

それと東京おもちゃ美術館では被災地へ送る

積み木を集めているみたいです。

あまり古くなければ使いふるしでも

かまわないようです。

皆さんも協力してあげて下さい。

ボランティア

大学から親への承諾書のファックス。

息子が震災地へ行くらしい。

医学部が先行して行っているところに手伝いに。

元々気の優しい子供ではあったが・・・

何かをつかんで帰ってくるだろう。

もう一人、小中と同級生だった、今は年商20億の

会社代表の友人も休みを利用して一人で被災地に行ったらしい。

家族からは非難の声、しかし、本音ではない事は本人も笑いながら

話していた。地位や肩書き、関係なく行動できる彼らがうらやましい。

まだ遅くはないので、いや、これからどうかかわって行くかが大事。

東南海地震もいつくるかわからない中、我々も考えて行く必要がある。

木育事業

4月30日
車で30分のところにある、肢体不自由者施設若竹園に訪問しました。

どれ位、積み木遊びができるか不安でしたが一応、成功したと思います。

最初は音でびっくりして泣き出す園児、どうしようかと思いましたが

お母さんたちにも助けられて、笑顔の子供たち。

最後は保育士の方々からの森林に関する質問があり有意義な時間を過ごせました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。